社内活動

2016年11月 ちょっと早い忘年会

11月25日(金)、今年も長野ホテル犀北館にて賑やかにちょっと早い忘年会が行われました。
盛りだくさんの写真にあわせてお伝えします。

突然の社長のサプライズ発言で「おぉ~!!」っと会場が盛り上がった後、マネージャーのあいさつで乾杯しました
(何のサプライズかは12月28日に行われる、仕事納めの会で明らかになりますので記事をお楽しみに)

乾杯の後はお待ちかねのお食事です!
美味しい料理を目の前にみんなウキウキしながら料理を取っていきます♪

ごはん<スイーツ♪な甘党女子が多いので(^_^;)、いつも真っ先に終わってしまうデザートも、今年は会長&社長の計らいでいつもより多めに用意されました
私も遠慮なく5~6個頂きました (´▽`)

各テーブルを回ってお酌をしながら、職場の仲間たちへ日頃の感謝を伝えます

私たちは仕事場では真面目なので、普段はあまり仕事以外の話はしませんが、忘年会では面白い話で大盛り上がりです

お腹もまぁまぁ満たされてきたころ、お待ちかねのゲームが始まります。
今年は1階のメンバーがMCを務めました。

新人さんによる自己紹介○×ゲームです 「私は4人の子持ちである」、「ムーミンの中で一番好きなキャラクターはミーである」、人は見た目で判断してはいけないと言いますが、この時ばかりは見た目で判断し、勝ち進んでいきます

見事勝ち進んだKさん、豪華賞品GETです!おめでとうございます
続いて2階事務所メンバーによる自己紹介○×クイズが始まりました
「サービス問題です!!」と言われ、簡単かと油断をしたら、ひっかけ問題!ここで脱落者が続出しました(≧Д≦)

メインは社長とのじゃんけん大会 豪華賞品も更にランクアップするのでみんな気合が入ります
見事賞品をゲットしたUさん、おめでとうございます

その後もゲームが続く中、食べて飲んで、おしゃべりしてと楽しい時間を過ごしました

今年も残すところあと1か月弱、忙しい仕事の合間にリラックスした時間が過ごせました。
ご協力いただいた犀北館の皆様、今年もありがとうございました。

↑topへ戻る

2016年10月 お疲れ様!“そば”ランチ会を行いました

去る10月26日、お疲れ様!“そば”ランチ会を行いました
今回のメニューは、そば処と名高い信州に住む私たちの大好物、おそばです♪
そばにうるさい?私たちの口に合うように、社長が特別にオーダーしたオリジナルの信州そばを頂きます。

家庭用のコンロでは業務用寸胴鍋のお湯が沸かず、お昼に間に合わない!!というハプニングに見舞われながらも一生懸命用意をしてくれたメンバー↑
(その頃、私たちは食堂からの甘~いそばつゆの匂いにかなり誘惑されていました(^_^;))

ざる蕎麦と温かい蕎麦の2種類から選び、おそばを受け取っていきます
(大盛りで!!とお願いしたかったのですが、我慢しました)
わさびやネギの薬味もばっちり用意され、から揚げとポテトサラダのサイドもあり、サービス満点です

大好きなおそばを食べながら、最後はもちろん濃いめのそば湯でしめます

さすが信州人、「歯ごたえ良かったね」、「蕎麦の香がいいね」、「つゆの味もしょっぱくなくてちょうどいい!!」と感想を言い合う声が聞こえました。
ハプニングに見舞われながらも美味しいお蕎麦を用意してくれたみなさん、本当にありがとうございました。
そばランチ、またお願いします(^o^)/

↑topへ戻る

2016年10月 第3回松澤・オルツ リトリート会

去る10月1日・2日、第3回松澤リトリート会が行われました。
1日目はNPO法人やまぼうし自然学校で青竹クーヘンづくりです。
※クーヘンとはドイツ語でお菓子、バームクーヘンは木の菓子の意味コトバンク調べ

白樺の皮はよく燃えるため、カラマツの薪に混ぜて火をつけます
3人の子供たちが順番にマッチに火をつけ、無事に薪全体に火がつきました

ここからは二手に分かれて作業を進めます まずは男性陣がメインとなって青竹を切って洗います
もう片方では女性陣が中心となって生地作りです
秘密の粉、魔法の粉、砂糖とベーキングパウダー、卵と水を合わせて練っていきます

みんなが青竹の準備や生地を混ぜている中、少し離れた場所では子供たちとやまぼうし自然学校のスタッフ(愛称ミロリン)の方が炭を起こしてくれていました

洗って水滴がついた青竹を火で炙り、蒸発させると、青竹の表面が内側から出てきた油でツヤツヤになりました。 w(゚o゚)w

いよいよ本番のクーヘン作りです
青竹に生地をかけ、竹を回しながら、まんべんなく均一に焼き、焦げ色をつけていきます。
表面にいい感じの焦げ色がついたらさらに生地をかけ、炭火に垂れないようにくるくる回していきます。

ひたすら生地をつけて焼くを繰り返すので、炭火で顔が熱くなったり、大人は中腰なので腰にきたりと結構大変な作業です
生地は固めよりも少し水分を含んだ感じのほうがきれいに焼きあがりました

ある程度の大きさになったら端を切り落としバームクーヘンの完成です!!
気になるお味の方は、いつも食べているバームクーヘンよりしっかりした食べ応えのある感じでした
切り落とした端の方もカリカリして香ばしく、美味しかったです

保養所へ戻り、夜のたこ焼きパーティーの準備です。
いつものことですが、青竹クーヘン教室とパーティーの間にあんまり時間が空いていません。(^_^;)

てきぱきとたこ焼きの材料を準備するみなさん
我が社は食事系のレクリエーションが多いのでみなさん意外と準備慣れしています

なんと!社長が“超”がつくほどの高級肉を差し入れしてくれました
「俺はこの肉しか食べない」スーパーで買った特売のお肉には目もくれず、ひたすら高級肉が焼けるのを待つ息子(母親談)

みんなが談笑する傍らで「俺はいいよ」とせっせと焼き役に回る社長

その横のテーブルではせっせとたこ焼きを焼く女性陣の姿が
今回はたこ焼きだけでなく焼売の皮に肉団子を包んで蒸す、焼売も用意
出来上がりに寸前にチーズをまぶして美味しく仕上げました

この後も談笑したり、恒例の卓球で汗を流したりと引き続き楽しみました。

2日目はお昼からのスタートです。
昼食は上田市にあるイルボスキーノというイタリアンレストランです。
ラザニアや山盛りサラダが有名で開店前からお客さんが待っています。

「すごい美味しい!!」もちもちふわふわのパンを食べ、驚きの声を上げるパン好き親子
そのままでも勿論美味しいのですが、ラザニアをソースとしてつけて食べるのが定番のようです

美味しいイタリアンを食べた後はお待ちかねの乗馬体験です。
場所は上田乗馬倶楽部。厩舎には沢山のポニーや馬がいました。
この日はいわて国体馬術競技があり、お忙しい中でしたがスタッフの方たちが親切に応対してくださいました。

白馬を見て大人も子供もテンションが上がります(^o^)ノ
「かわいー」と撫でると喜んでいるのか鼻息が荒くなります
ドライヤーの温風位の鼻息でちょっとびっくり w(゚o゚)w

手を近づけると何でも舐めちゃう食いしん坊のポニー(髪型も個性的)と、「撫でて~」と近づいてくるワンちゃんに子供達も大喜びです

いよいよ、曳き馬体験です
馬に乗ると想像よりも高く、思ったより揺れます
始めはドキドキで手綱を握りしめていましたが、慣れてくると手を振る余裕も出てきました

乗馬が終わった後は、白馬の前で記念撮影

このところ台風などで悪天候が多く天気が心配でしたが、2日ともお天気に恵まれ楽しい休日を過ごすことができました。リラックス&体験がセットになったリトリート会ですが、次回はどんな体験ができるのか楽しみです。
いつも楽しい企画&準備をしてくれる関係者の皆さん、お疲れ様でした。

↑topへ戻る

2016年8月 お疲れ様!ヨシダ家カレーランチ会を行いました

夏真っ盛りの8月9日(火)、日頃の皆さんの慰労の意をこめて、ヨシダ家カレーランチ会が行なわれました♪
この日は美味しいカレー&サラダが振る舞われるとあって、お昼休みのチャイムが鳴るとお腹を空かせた私たちは速攻で2階のラウンジへ向かいました。

社長が暑い中、2時間煮込んだ 本人談(笑)カレーを配ります
みんなが大好きなから揚げは一人3個まで。から揚げのサイズは通常より1.5倍くらいの大きさでかなりお腹が膨れました

サラダバーではレタスが大盛りで用意されていました
もちろん、付け合わせの福神漬けもあります

サラダバーの列を横目に、早速カレーを食べている皆さんに直撃
ちょっとピリ辛でスパイシーな大人のカレーは大好評の様です

この後、食後のデザートとしてアイスも用意されていて、至れり尽くせりのカレーランチでした。
※デザートのアイスはペロリと平らげてしまい、写真を撮る暇がありませんでした(^_^;)

1日限定の社員食堂のような光景でしたが、こうして100人前、約80リットル!のカレーはみんなの胃袋に納まったのでした。
「夏こそカレー!」いつもと違うランチを味わってこの夏を乗り切れそうです!
いつもながら用意をしてくださった永井君をはじめ関係協力してくれた皆さん、ありがとうございました。

↑topへ戻る

2016年4月 東京支社 第2回グアム有志旅行

去る4月8日(金)、東京支社の第2回グアム有志旅行がありました。
昨年、またいつか行きたいです♪と記事で書いたのですが、あっというまに2回目のグアム旅行を迎えました。
≫1回目のグアム旅行の記事はこちら

前回と同様、仕事を終えた金曜日の夜にグアムへ出発です。
今回は社員が自らレンタカーの手配をし、初の右側車線走行を体験しました。

1日目の朝食は地元に人気の「ザ・クラックド・エッグ」で。パンケーキやエッグベネディクト、オムレツなど朝食メニューが充実していました。

アメリカンサイズの朝食でお腹が満たされた後は島一周観光です。
向かったのは「太平洋戦争国立歴史公園」の一つ、ガアン・ポイントビーチパークです。

右奥の「レッドベルベット」ホットケーキが定番人気のようです
写真右のガアン ポイント ビーチパークは、太平洋戦争中、日本軍がグアムを占領し、その奪還としてアメリカ軍が1944年7月21日に上陸し日米の激戦地となった場所です

ガアン ポイント ビーチパークの奥に進むと旧日本軍が残していった大砲や銃が海に向けて展示されています

あらゆるところに洞窟のような防空壕を見ることが出来ました
約72年前に悲しい歴史があったとは想像しがたい綺麗な海を眺め、この海に刻まれた戦争の歴史を忘れてはいけないと感じます

ガアン・ポイント・ビーチパークの後は昨年も訪れた「イナハラン天然プール」へ。
火山活動や風によって珊瑚が浸食され、海の水がせき止められて出来た大きな天然プールです。
飛び込み台からジャンプしたり、プールで泳いだりとひとしきり楽しみました。
イナハラン天然プールを離れ、船着き場近くにある聖母マリア・カマリン公園へ。
公園は、のどかでとてもきれいな公園でした。
その後もスペイン統治時代の面影を残す教会や建物を見て回りました。

前回は社員たちが怖がり、社長がお試しとしてジャンプした飛び込み台ですが、今回は現地の大人や子供が見守る中、Kさんが思いっきりジャーンプ!
写真右のマリア像は、「レディ・カマリン」という愛称で地元の人に呼ばれているようです

サン・ディオニシオ教会。白とベージュのおしゃれな外観です
教会の海側にある駐車場には海を背にして十字架が建てられているのが見えました

この橋はウマタック橋というそうで、ウマタック村に首都が置かれていたスペイン統治時代をイメージして建てられた赤と白のアーチ状の橋です。橋は2本続けて道路に架かっていました
写真を撮っていると、野生かどうかは分かりませんが水牛がいるのを発見!!
カメラ慣れしているのか、何気にカメラ目線なのが伝わるでしょうか?

お昼は去年も行ったジェフズ・パイレーツ・コープで食べました。島一周観光でお腹が空いていたのでボリュームがあってもペロリとたいらげることができました。

お会計はじゃんけん連敗中のNさんのおごりです。Nさんの苦い表情とは対照的に店員さんの親近感湧く笑顔が素敵です。Nさん、ご馳走様でした。(^0^)

この日の夕食もここぞとばかりにボリューム満点の肉料理でした
カロリーや胃もたれなんて気にせず頬張ります

翌日は今グアムで人気のイルカウォッチングへ出かけました。
グアムに生息している野生のイルカは「スピナー・ドルフィン」といい、その名の通り、スピンやジャンプが得意なイルカで、飛び跳ねるたびに船内からは歓声が上がっていました。

イルカは突然ジャンプしたりして撮影が難しいそうなのですが、運よく撮影することが出来ました
野生のイルカを間近で見るのは初めてだったので感激です

最終日の夜は倉庫型の大型スーパー「Cost U Less 」に行きました。
「コスチューレス」または「コスチュレス」と発音するようです。
この素敵なネーミングのお店で、わくわくしながらお買い物です。

コスチューレスで地元のスイカをみつけました。一玉500円前後と激安です!

夕食はグアムの老舗ファミリーレストラン「キングス レストラン」へ。

最後の夕食もガッツリいただきます

今回は太平洋戦争や、スペイン統治時代の歴史を感じるスポットを見学したりと前回とはまた違った旅行になりました。「二度あることは三度ある」と諺でもあるように、ぜひ3回目もグアムを訪れたいです。次回もお楽しみに。

↑topへ戻る

2016年2月 2016親子ボーリング大会

2月5日(金)、2016親子ボーリング大会が行われました。

今回もボーリングが大好きな皆さんをはじめ、親子で参加の皆さん、思いっきり体を動かして日頃の運動不足を解消したい皆さんが集まりました。
この日を一番楽しみにしていたKさんは残念なことにインフルエンザでお休みです。

まずはお楽しみのパスタやピザの食べ放題(デザート付)で腹ごしらえです
食べすぎてしまい、この後のボーリングでは体が重くて大変な人もいました… (;^_^A

デザートが来るなり、一人一人にデザートスプーンを配り出すサービス精神旺盛な!? ちびっこ(^o^)

美味しい料理を目の前に子供たちもご機嫌です

いよいよ本日メインのボーリングへ。
投球フォームを確認したり、ボールを何度も選び直しては皆さん高得点を狙います。

男性陣、本気モード全開です

スコアを見ながら自慢し合ったり、悔しがったりと様々です

親子レーンの様子  小学生のおにいちゃん、おねえちゃんはさすがに上手い!
親のスコアを抜かすこともしばしば…

「パパ頑張ってー」 かわいい声援にお父さんもはりきってストライク狙います

毎年恒例となりつつある親子ボーリング大会。
この日にしかボーリングをやらないという皆さんも多い中で、私たちのお楽しみの行事の一つとなっています。
来年も開催予定ですのでどうぞお楽しみに。

↑topへ戻る